コラム

オンラインカジノで遊ぶと税金が発生する?脱税にならないための方法

オンラインカジノで儲けると税金がいくらかかるのか?

今回は、オンラインカジノで儲けた時に税金がいくらかかってくるのかといったことや、税金の計算方法、税金を支払わなくてもいい時とは?オンラインカジノで遊んで儲けた時に税金を払わないと脱税になるの?といったこと、オンラインカジノをして税務調査が行われる基準について、オンラインカジノをして確定申告をする方法について解説していきたいと思います。

まずは、オンラインカジノって税金がかかるの?と思った方もいらっしゃると思います。意外かも知れませんが、オンラインカジノで稼いだお金法律的に「一時所得」とみなされ、課税対象となります。

 

支払う税金の計算方法

支払う税金の計算方法などについて解説します。一時所得という税金の計算方法ですが、次のようになります。

一時所得=収入金額-支出金額-特別控除額(最高50万円)

儲けから賭け金を引いて、さらに特別控除額を引いた金額が一時所得となります。

さて、ここで気を付けなければならないのが、支出金額に損失額が含まれないという点です。

例えば50万賭けて200万稼ぎ、翌日に100万賭けて150万負けた場合の支出金額ですが、これは50万円となります。150万円と考えた方も多いかと思います。もしくは、負けた分を含めて300万円と考えた方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、この場合の支出金額は50万円です。これは、税金的には勝ったときの支出しか支出金額にならないためです。つまり「勝つたび課税される」と考えましょう。

 

税金を支払わなくていい条件

儲けから賭け金を引いて、さらに特別控除額を引いた金額が一時所得です。その年の1月1日~12月31日の間で、50万円未満の儲けであれば特別控除額として控除されるために、納税の必要はなくなります

また、会社勤めの方の場合は、給与以外に20万円以上の収入があった場合は確定申告の必要があります

つまりは、70万円以上儲けていない場合は確定申告の必要がないことになります。

 

オンラインカジノで税金を支払わないと脱税になる?

オンラインカジノは他のギャンブルと異なり、稼いだ記録が残ります。例えば、パチンコや競馬の場合には直接現金で支払われるため記録に残りません。しかし、オンラインカジノの場合には銀行などを経由するため公的な記録に残ります。

そのため、オンラインカジノで儲けたお金は課税対象となり、税金を支払わなかった場合には脱税となる可能性が高いのです。

詳細は、公務員の記事で紹介していますので、そちらをご覧ください。

 

【オンラインカジノを公務員がしてもいい?】

↓↓↓

https://online-casino-hajimete.com/column/on-line-casino-ok-public-worker-gray-area/

 

オンラインカジノをして税務調査が行われる基準

まず触れておきたいのが、税務調査が行われることになり「逮捕されてしまうのか?」と心配になる方もいらっしゃるかも知れませんが、任意で応じる税務調査の結果に基づいて逮捕されるということは、なかなかないことですのでご安心ください。

例え調査によって申告漏れや不申告が発覚しても、必要な税金(追徴課税を含む)を支払えば刑事責任を問われないのが通常です。

そして、税務調査が行われる基準ですが、どうやら副業で63万円以上稼いだ場合で現実味を帯びてくるようです。これは、扶養家族で否認することでの申告のケースで、離れて暮らしている大学生の子どもが、扶養家族に入れる範囲を超えてアルバイト収入を得ていたことがわかり、父親が申告し直すといった場合に、この際に、父親が追加の税金を支払う計算の元となるのが、大学生の扶養控除の金額63万円というところから来ているようです。

 

元国税調査官で税理士・産業カウンセラーの飯田真弓氏は、「年間の所得金額が20万円を超えると確定申告をしなければならず、それを怠ると税務調査に入られることがある。特に63万円以上になるとその可能性は高くなる」という――。

※引用:livedoorニュースより

 

 

オンラインカジノをして確定申告する方法

次に、オンラインカジノをして儲けた場合に、確定申告をする方法について解説したいと思います。

 

申告時期を確認して準備

確定申告の対象となる税金は、その年の1月1日から12月31日までに稼いだお金となります。そして、確定申告の時期は、その翌年の2月16日から3月15日の間と決められています。

 

確定申告に必要な書類を集めておく

確定申告を行う際に必要となる書類は次の通りです。

・源泉徴収票(企業勤めの場合、年末年始頃に企業から受け取ることができます)

・支払調書(年末年始頃に、オンラインカジノ側から受け取ることができます)

・経費の領収書(所得が300万円以下の場合は不要です)

 

「支払調書」に関しては、オンラインカジノに直接問い合わせて受け取るか、自分で収支明細をプリントアウトしたり、自分でつけた帳簿などでも大丈夫な場合があります。

書類を用意したら、後は普通に確定申告を行うだけです。

初めての方は難しいと感じるかも知れませんが、わからないことがあれば税務署の方に聞けばうまく対応してもらえます。

 

納付・還付の手続き

会社に勤めている方は、確定申告をすると「オンラインカジノで稼いだお金がバレるのでは?」と不安になるかも知れません。

しかし納付の手続きで、次の点に気を付けておけば大丈夫です。

それは、確定申告書の2面「給与所得者がその他にかかる住民税の徴収方法」という欄にある「自分で納付(普通徴収)」にチェックを入れるという点です。

ここにチェックを入れてさえおけば、お勤めの会社に住民税徴収票が届くことなく、自宅に届くので安心です。

還付の手続きについてですが、還付金の受け取りには預貯金口座への振り込みによる方法最寄りのゆうちょ銀行各店舗または郵便局に出向いて受け取る方法があります。

オススメとしては、預貯金口座への振り込みを利用すれば、指定された金融機関の預貯金口座に還付金が直接振り込まれるため、大変便利です。

 

安心してオンラインカジノで遊びたいなら税金の勉強もしておく

ここまで読んで頂き、今後も安心してオンラインカジノで遊んでいきたいと思っている方であれば、これを機に是非とも税金の勉強をして、万全の体制でオンラインカジノを遊び倒すという意気込みを持ってくださると幸いです。

せっかく稼いだお金を、税金の勉強をしていなかったために、追徴課税で多く持っていかれるなんていう目には遭いたくないですものね。

皆さん、きちんとした知識を持って楽しくオンラインカジノで遊びましょう。

 

 

 

 

-コラム
-,

Copyright© オンラインカジノ仙人 , 2020 All Rights Reserved.